2016年以来、5年ぶり2回目のドリームステージ開催となる東京ゴルフ俱楽部。
俱楽部としてその歴史は大変深く、1913年東京・駒沢(現在の駒沢オリンピック公園)にて、日本で初めて日本人の手によって設立されたゴルフ俱楽部です。
その後、埼玉・朝霞の地を経て現在の狭山に移ったのが1940年、大谷光明氏の設計により、現在のコ―スへとその歴史がつながっています。1924年には神戸・根岸・鳴尾・舞子・程ヶ谷・甲南の各倶楽部と共にJGAを創立した7つの俱楽部のうちの一つでもあります。
ナショナル選手権も過去に数多く開催され、過去7回の日本オープン、10回の日本アマチュア等、日本のゴルフ界の歴史に大きく貢献してきた日本を代表するゴルフ倶楽部です。
このような伝統ある歴史を持ちながらも、ここ近年ではギル・ハンス氏によるコース改造が行われ、リノベーションも果たしています。
その東京ゴルフ俱楽部でドリームステージコンペティションが開催されます。日本のゴルフの歴史を感じながら、チャレンジしてみませんか。
開催は5月10日(月)。ハンディキャップインデックスをお持ちのアマチュアゴルファーであれば、どなたでも参加可能です。

■ドリームステージコンペティションエントリー専用サイト http://www.dreamstage.co/
■東京G.C.会場 日本オープンドリームステージコンペティション エントリーページ
■東京G.C.会場 日本シニアオープンドリームステージコンペティション エントリーページ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.