初めてドリームステージコンペティションの会場となる紫カントリークラブすみれコース。
1961年に開場、1972年に「日本プロゴルフ選手権」を開催して以降、クラブは「メンバー第一」の運営に転向(紫CCホームページより引用)し、その後はプロフェッショナルレベルのゴルフイベントは実施されてきませんでした。
2010年にはダミアン・パスクーツォとスティーブ・ペイトの設計家チームによる大規模なリノベーションが図られ「モダンクラシック」と呼ばれる、より戦略的でインプレッシブなコースに変貌いたしました。
そのすみれコースでは昨年の秋「第85回日本オープンゴルフ選手権」が開催されました。コロナ禍での開催となり、残念ながらギャラリーの皆様に会場でご覧いただくことはできなかったものの、4日間、NHKの生中継を通して全国のゴルフファンの皆様にその生まれ変わった姿を披露したのは記憶に新しいところです。長年の沈黙からナショナルオープンの会場としてゴルフファンの注目を浴びるすみれコース。2022年には「第55回日本女子オープンゴルフ選手権」の開催も決定しています。
2010年のリノベーションの後も日本オープン、日本女子オープンの開催に向けて日々進化を遂げるすみれコース。
ドリームステージコンペティションの開催は4月12日(月)。日本オープンと日本シニアオープンを同時開催します。お友達を誘ってペアでの参加も可能です。ナショナルオープンの会場を体験してみませんか?

■日本オープンドリームステージコンペティション エントリーページ
■日本シニアオープンドリームステージコンペティション エントリーページ
■紫C.C.すみれC.ホームページ http://www.murasaki-cc.co.jp/sumire/
■ドリームステージ   http://www.dreamstage.co/

※2021年1月8日、首都圏を中心に新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が発出され、その後も継続されている状況です。心配な状況が続きますが、今後の社会情勢を注視しながら、開催の準備を進めてまいります。今後、開催について何らかの判断がされた際には当ホームページでお知らせして参ります。皆様も「新しい生活様式」のもと、くれぐれも安全にお過ごしください。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.