1923年に設立された「茨木カンツリー倶楽部」。
西コースは、井上誠一氏の設計で1961年に開場。2度の日本オープンゴルフ選手権のほか、日本女子オープンゴルフ選手権の舞台となるなどナショナルオープン開催コースとしてゴルフファンに知られています。
2011年には、全米オープン開催コースの改造を数多く手がけるリース・ジョーンズ氏により、井上氏の原設計コンセプトを継承しつつ、高速ワングリーン化と21世紀に見合う距離と難易度を加味する改造を実施。リース・ジョーンズ氏をして自身の最高傑作と言わしめるコースとなりました。改造後にはアジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップが開催されたことも記憶にあたらしいところです。
茨木カンツリー倶楽部でのドリームステージコンペティションは3月8日(金)、「日本オープン」、「日本女子オープン」、「日本シニアオープン」の3カテゴリーを同時開催いたします。年齢性別を問わず、ゴルファーみなさまの挑戦をお待ちしています。
◆茨木カンツリー倶楽部ホームページ http://ibarakicc.com/
◆茨木カンツリー倶楽部会場(3/8開催)のエントリーページ
  日本オープンはこちら
  日本女子オープンはこちら
  日本シニアオープンはこちら

◆過去の主な開催競技(JGA主催)
【日本オープン】
  1929年 優勝:宮本留吉
  1930年 優勝:宮本留吉
  1932年 優勝:宮本留吉
  1973年 優勝:Ben Arda
  1996年 優勝:Peter Teravainen
【日本女子オープン】
  2006年 優勝:Jeong Jang
【アジアパシフィックオープン】
  2008年 優勝:谷原秀人
  2013年 優勝:川村昌弘
  2016年 優勝:Shih-Chang Chan

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.